化粧水に配合するワイルドタイムとミントの比較

化粧水に配合される成分の中にはハーブエキスという液体が存在します。
香草と呼びますが、普通の植物と違って精油成分や特有の物質を含むのが特徴的です。

化粧水の比較の情報を調べてみましょう。

数多くある中でも「ワイルドタイム」はフィラグリン産生の促進を促す効果があります。



化粧水の成分公開表にはワイルドタイムエキスと記入がありますが、ワイルドは野生を意味するため、農薬不使用という意味を持ちます。



オーガニック(有機栽培)とは違いますが、化学物質は使用していません。

フィラグリン産生効果とは、天然保湿因子であるNMFの原型であるタンパク質を増やすことを意味します。

ワイルドタイムエキスを他の植物エキスと比較にするとフィラグリンを成立させやすいです。

天然保湿因子の原型を増やせば肌は自ら、潤いを増加させるように働きかけます。
ハーブの中では珍しい作用を示しますが、肌の根本的な機能に働きかける作用が強みです。

ワイルドタイムエキスはそのような力を持ちます。化粧水にミントエキスも添加されます。

ハッカとも呼びますが主にメントールが主成分です。
モノテルペンアルコールに当てはまりますが、比較的に刺激臭が目立つ芳香成分となります。

メリットとしては適量を肌に塗ると血流を良くしますから、ターンオーバー促進、天然保湿因子の増加を促すのがポイントです。


ワイルドタイムエキスと比較すると、フィラグリン作用はほとんどないですが、NMFを増やすサポートをします。
化粧水に両方のエキスを加えて肌に付けると、水分量が増えるのがメリットです。