ph値、弱酸性ローションとアルカリ化粧水の比較

ph(ペーハー)値とは酸性からアルカリ性の度合いを数値で示したものです。

化粧水の比較の情報検索ができます。

全ての物質にはph値が存在しており、生物や人にもあります。

皮膚でも酸性かアルカリ性に分けられますが、基本的に表皮は「弱酸性」です。


比較すると弱酸性が最も最適な値であり、常在菌が繁殖しやすく、雑菌やアクネ菌を除去しやすくなる状態とも言えます。



化粧水にも勿論、ph値がありますが、中性や弱酸性ローションが多いのがポイントです。酸性は皮膚に刺激を与えて炎症の要因になりますから、注意する必要があります。

弱酸性ローションは皮膚のphに沿って馴染みますが、酸性に偏ってしまった肌に付けても、状態を元に戻すのは難しいと言えます。



比較するなら、真逆の性質を持つアルカリ化粧水を使うのがポイントです。

あまり流通はしていませんが、炭酸カルシウムを配合した製品はアルカリ性です。

保湿として使うのではなく、表皮の環境を整えるために使うと改善に繋がります。

濃度が強ければ洗面器に炭酸カルシウム化粧水を加えて、洗顔しても十分に改善を狙えるのが強みです。炭酸カルシウム自体を肌に付けてもデメリットは少なく、むしろアクネ菌を抑制したり、皮脂の酸化を抑制します。
比較的に安全面が強い炭酸カルシウムを加えた化粧水は、酸性に傾きがちな人の皮膚を改善させやすくします。
理由としては、酸性の液体にアルカリ性の物を加えれば中和されるのが特徴です。


単純ですが、そのような仕組みと似ています。